016

2006年より「小谷学の中国ビジネス奮闘記を書いてきました。その後、小谷学ドットコムにて、簿ブログを更新していますが、ビジネスポータルサイト的な要素がふえてききたので、こちらに好きなことを書いていきたいと思います。

 

小谷 学